時給制で働いて、お金の価値観を身につけよう

海外に進出する企業が増えているため、昔に比べて内職の仕事が少なくなっています。

内職の時給と単価について

時給制で働いて、お金の価値観を身につけよう 海外に進出する企業が増えているため、昔に比べて内職の仕事が少なくなっています。昔は、結婚をすると専業主婦になる人が多かったです。そして、今よりも保育園の数も少なかったので、自宅で子育てをする女性が多かったです。しかし、収入があまり多くない場合は、家計の足しにするために内職をする人もいました。

内職は、外に行かなくても自宅で作業をすることができるため、専業主婦の人でも働くことが出来ます。しかし、現在は夫婦共働きの家庭が増えており、内職をする人は少ないです。内職の仕事も少なくなっているため、インターネットなどで内職の求人を探しても、あまり見つからないです。シール張りや袋詰めなどは単純作業なので、内職初心者に向いています。

しかし、単純作業の内職の単価はとても低いです。シール1枚貼る単価は0.1円ということもあります。10枚貼ってやっと一円になります。そのため、たくさんシールを貼っても時給にすると200円や300円にならないことが多いです。もし、次に数万円稼ぎたいのであれば、一日中内職をしなければいけないです。とても割に合わない仕事が多いので、内職よりも、アルバイトやパートを週に数日働いたほうが稼ぐことが出来ます。